微笑む人達

理想を実現

握手

脱サラしてカフェを開業する人が増えています。その背景には、昨今のコーヒーブームがあります。コーヒー店はフランチャイズ展開する大手ショップが多かったのですが、最近では個人店が増えています。しかも、全く関係のない業界で会社員だった人が脱サラをして開業するケースがトレンドとなっています。もちろん、開業するにあたっては費用が必要となります。しかし、自分の貯金の範囲内で身の丈にあった開業をする人が増えているのです。たとえば、自宅近くに小さな部屋を借りてそこで開業したり、自宅スペースを使っている人もいます。間借りスペースであればそれほど資金はかかりません。カフェの開業資金を比較的低く抑えることが可能となるのです。

では、どうすれば開業することができるのでしょうか。まずはやはり開業資金です。安く抑えることができるのが最近のトレンドと言っても最低限は必要となります。当面の運転資金も必要となりますし、各材料の仕入れなどでも資金が必要です。また、カフェを開いたことを宣伝するための費用、アルバイトなどを雇う人件費もかかってきます。これらを最低限で見つもったとしても数百万円は必要となります。ですからまずは自己資金をためることがカフェを開くために必要なことなのです。また、銀行などの金融機関からお金を借りるという方法もあります。この方法は綿密な営業計画の提出などが必要となり時間がかかってしまいます。自己資金で身の丈にあった開業をするのがベストです。